スーパーOJクラシックシリーズ23 国鉄レ12000
税抜き価格104,000円


TYPE1A 山陽本線の鮮魚専用列車 1959~1965年 下作用式連結器。赤2号〇急マーク、D52牽引の長編成貨物列車で有名。

車輪はプレート車輪と致します。量産品はレ5000同様、白がもう少しスッキリとした色に変更されます。

















庫内は手間を掛け凝ったしっかりとした作り込みになりました。その結果重量が増えています。大幅に作り込みが増えたので価格は発表した予価より多少上げさせて頂きます。ドアの開閉については閉めた時、隙間無くピタッと閉まり、かつスムーズに開くような精度は並大抵の事ではないと思います。アートホビーズに拍手。

OJならではの表現として扉はもちろんの事、屋上の氷槽ハッチも開閉式としました。熱を遮断する為の厚みのあるドアやハッチの裏面の仕上げも抜かりなく手を掛けています。凝った作りでやればやるほど儲けが無くなります、トホホ。



屋上の氷槽ハッチも閉めた時にはピタッと収まります。氷槽の底板は別に作った板を塗装後ネジ止め致しました。

実物通り分厚く再現された氷槽ハッチ。

床下廻りはいつものように国鉄図面から完璧に再現しています。ムサシノモデルは実物通り作る事に意義があると考えます。その理由は失われてしまった車両を模型として仔細に再現する事に意義があると考えているからです。又いい加減なものが売れる時代ではありません。



この作り込みにこそ男は浪漫を感じるものです。美しい。



レム5000とツーショット(時代が少しズレますが)。それぞれの形式の寸法とバランスの相違が楽しめます。



2軸貨車とはいえ、中々の迫力です。



 
スーパーOJクラシックシリーズ24 国鉄 鉄側有蓋車テム100
税抜き価格92,000円


TYPE1 1段リンク車テム100 1968年10月の所謂、ヨンサントウでのダイヤ改正スピードアップに合わせ2段リンク化テム300編入以前のスタイル。

車輪はスポーク車輪。テム300ではプレート車輪に交換した姿としています。





鉄製床板に入るパターンまで忠実に再現しています。当店が先鞭をつけたやり方です。

実物通り作るので実物のように見えるのは当たり前の事です。手抜きはしないようにしています。

概発売済のテムの後続機種テラ1とのツーショット。この組み合わせも中々魅力的でシビれる方もいらっしゃると思います。



それぞれのプロトタイプの特徴が模型では一層良く際立ちます。






ワフ21000/22000は大きく又難しいプロジェクトという事で少しシンクロさせての発売となります。