EF55進捗状況                  2005.7.19
サンプル・モデルを発表致しましたEF55ですが既に記したように50カ所にも上る修正点についてメーカーとのディスカッションを行いました。その2日後の6月30日、仁川にて親和コーポレーション社長と主任設計者と私の3人で金型工場を訪ね前面の最終的な修正を3時間に渡り行ないました。工場の職人の腕はそれは見事なもので私達の要求に応え、あらかじめメーカーサイドで用意した段階的ないくつかのR治具に合わせ少しずつ削り合わせを行い最終的に私達3人が大変満足の行く形状を得る事ができました。実機の至細は図面を基として形作られている為、
単なる「良い感じ」
或いは「何となく実機に似ている」
と云う曖昧な感覚的なものとは一線を画した確固たるカタチとする事が出来ました。端的に申し上げますと前面の流線型の形状が大きく改善され、スピード感、流麗さ共、より一層魅力的に表現されることになりました。
この他の大きな修正ポイントとして
1.中抜き内抜きされたプロント、リア・ビームの再現。
2.リアーエンド・デッキ巾をスケール通りとする為2mm巾を詰める。
3.リア・エンド先台車の中心ピン位置を実機同様に近づけ、その受け皿のブラケットのディテールまで表現する。
4.ランニング・ボード脚を少し低くする。
5.モニタールーフの形状を修正。

この他細かなディテールまで至細に渡り修正を行なっております。次のプロジェクトEF10、EF11との関係箇所が多々有るので大変勉強になりました。いずれにしても私共のEF55はエッジが立ちメリハリの効いた上でより美しい流線形の前面に改良された事をご報告申し上げます。