待望の”Idyll” 〜田園の唄シリーズ 
           
羽後交通横荘線DC1/2
最近は国鉄の本線ものばかりにうつつを抜かしてばかりでつまらないと考えている人がいても不思議でない今日この頃ですが、田園の唄シリーズ久々の製品が登場します。このシリーズに共通する山椒は小粒でもピリリーと辛いを地で行くような作品、羽後交通横荘線で朝夕の通勤通学列車牽引に活躍したL型ロッド式C型ディーゼル・ロコ DC−1/2。
DC−1DC−2で細部まで細かく作り分けを行い、さらに雪のシーズンに取り付けられる運転室下まで大きく伸びたスノウプロウを着脱式で楽しめます。ディテールは小さい車体の内外にしっかりと作り込まれています。モーターはファウルハーベル1319W(両軸)でフライホイール使用。動輪はイコライジング、ロッドは洋白のドロップの黒染めと各部に渡っての高級仕様。以前発売のホハニ6やワム1、3500等木造貨車と組み合わせてひなびたムードを楽しんで下さい。国鉄のホハ系払い下げのボギー客車やバケット付正面湘南タイプディーゼルカー、キハ2/3を発売致して行きますのでご期待下さい。DC1は羽後交通廃止後南部縦貫鉄道へ移って活躍しました。そのヴァージョンも製品化致しますので有名なレールバスと絡ませて楽しむのもまた一興かと思います。