2018.10.8


2018 韓国メーカー訪問記 その5
2カ月振りの韓国訪問の目的はATM社におけるEF65特急塗色各タイプの最終チェックです。ソウルは大分秋めいて朝晩は東京より湿気も少ない分肌寒く感じられました。


ATM
今回のEF65特急塗色のバージョン分けは27タイプになり一つのタイプの中でも号機により検査標記がそれぞれ異なります。最初に全てのタイプを1輌ずつ並べ間違いが無いかディテール、塗装、標記等細部に至るまで細かくチェックを行っていきます。その後、タイプ毎に検品を行っていきます。この日は少し早めに仕事を切り上げホテルのあるダウンタウンで夕食となりました。

ATMのメンバーは全員ここ2カ月程、休み無しでEF65の最終組立を夜遅くまで行ってもらっています。ATMの朴社長も2カ月程は塗装工場に1日中詰めてEF65の塗装の品質チェックを行っていました。久しぶりに飲むビール。

7月に初めて行ったサンギョクサルのお店。中々美味しかったのでリピートです。

脂身が少なく日本の焼き鳥を食べているような食感です。


2日目は朝一からEF65の最終チェックを行いました。

前夜遅くまでATMメンバーは残業を行ってEF65最後の組み立ての追い込みを行ってもらっています。ソウル滞在中に全てのEF65の検品を行う為皆一生懸命しかし慎重に作業を行っていました。

私達の製品はプロデュース、図面製作、半田付け組立、塗装後の最終組立と途方も無い時間を必要とする代物です。ATM社では日本で生まれた真鍮製鉄道模型の伝統を工芸品の域にまで押し上げてきています。製品として見て量産品としては極限まで追い込まれた模型です。小売価格との整合性を取る事が非常に難しい問題です。人件費は日本とそれ程変わらなくなってきています。物価水準も同様です。しかし日本では不可能となった事がここでは今も可能です。日本の鉄道模型作りのプロが見て本当に感嘆とするところです。


多くのバージョンがあります。その当たりの仕分けは完全にコントロールされ手違いがありません。

次のプロジェクトDD51の部品もほぼ出揃っていました。デッキ部分は既に半田組立に入っています。発売は来年6月からの予定です。






この日の昼食はATM社から歩いて5分ばかりの所にある焼肉さんで・・・・・・。

大きな骨付カルビが入ったカルビタンです。裁ちバサミでジョキジョキ切って骨から外します。



午後は65のチェックが続きます。

時間を見てDD13の打ち合わせ。20年前に製作したDD13後期型の資料(私達との全てのやりとりを含む)も保存してありました。今回新しく持ち込んだDD13初期型の図面を詳しく説明しているところです。大宮のDD13 1号機はATMメンバーと2度程見に行きました。

夜はいつもの魚料理の店です。朴社長のとなりのハン・ジェイン氏はAJIN一筋28年間勤めた後ATM社に移ってきました。

ノルウェー産の鯖。脂が乗って大変美味です。


Real Tech Models
3日目の午前中はリアルテック社で完成まで最後の追い込みに入っているOJ ED19の現状確認を行いました。

下廻りは既に完成しています。車体の塗装も終了していてただ取り外し屋根部黒のオーバーコートの具合を確認してほしいとの事でした。

リアルテック金社長。少しでも気に入らない部分があると自分で気に入るように改良してしまう職人肌の完璧主義者です。



とても言葉では表現する事ができません。ここまで持ってくるのは並大抵の事ではありません。







モーターはファウルハーベルモーター使用。

カプラーはケーディと交換できるようにしてあります。





これらのOJ製品を高い高いという人が多くいます。人間の手間がどれほどのものかが理解できない人が本当に多くなりました。
お金の事だけを考えるなら誰もこのような事はしないと思います。



ATM社に戻っての昼食はこれもいつもの近所の食堂でのプレチゲでした。
午後からは再びEF65の検品です。

JR東日本田端のEF65。このタイプは既に予約完売となっております。

本来この日の夜はATMメンバー全員とEF65の打ち上げ食事会の予定でしたが作業が終わらず行う事ができませんでした。朴社長とデザイナーの金さんの2名のみです。

脂身たっぷりの恐怖のサンギョプサル。


アートホビーズ
最終日の午前中はアートホビーズへ。遠くへ引っ越したので訪問するのが大変です。蹴とばせば海です。

組立中のテム300の車体。



国鉄DD11 1次車登場時のサンプルモデルが出来ていました。

寄せて見ると小さいながらも実物図面を基に正確に再現しているので大変重厚感、迫力があります。





シチズンマイクロのコアレスモーター搭載で超スロウから大変滑らかな走りです。走行テスト中のチェ社長。





これも非常に精巧に形作られている模型です。感服の一言。

DD12と並べて。それぞれの特徴が良く分かります。


ATM
午後から再びEF65の最後の検品作業



午後4時半全ての作業が終了し金浦空港へ出発です。
今回検品したEF65は11月15日発売と決定しています。
乞うご期待下さい。

Fin