ラインナップ NO.67                              2017.4.19
国鉄/JR EF65 再々生産プロジェクト
JR貨物更新機各バリエーションの解説
予約受付中
価格¥253,000〜¥255,000
JR東日本商品化許諾済/JR貨物承認済/JR西日本商品化許諾済


EF65再々生産プロジェクト、今回はJR貨物の現役機のバリエーションを細かく展開致します。多くのナンバーを製作致しますが基本的には(1)車体形状で2タイプ、(2)モニターの常磐線無線アンテナの取付座の有無、(3)助手席側側窓エアコンのダクトの狭い、広いの違い、(4)スノウプロウの有無及び手歯止めの有無、(5)スカート部コックの有無、(6)MR管ホースの有無、(7)GPSアンテナの有無、(8)ナンバープレートの赤プレ、青プレ、白プレ、もみじ色の違い、(9)特殊な例として1089/2089の蛍光灯取付金具 以上細かな差異ですがこれらの組み合わせでバリエーション展開が行われています。

今回発売分のJR貨物EF65 2色更新車 2081号機





スカート部コックが取り外されています。

パンタグラフはPS22Bタイプ。

常磐線無線アンテナ取付座。

運転室エアコンのダクト(狭い)。

非常用発煙筒の外側角に付いている小さな部品は安全柵取付金具、同じくパイプ状のものがランボード足に溶接されています。これらは大宮工場による施工でJR貨物のEF65更新車の特徴の一つです。当店では模型化に際しATM共々この小さな部品を根性で再現致しました。



安全柵取付金具、良く見て頂くと所々ランボード足にパイプ状の金具が付いているのが分かります。

塗装に関してライトパープル、ディープパープルの色調には特に拘って調合致しました。
これらの色は今まで大体において陰気くさく再現されているものが非常に多い印象でした。
模型は見て鑑賞して心が豊かになるようでなければいけないと考えます。当店のこれらの色はより実物に忠実に寒色系ではなく暖色系の色として再現しています。屋上の各部グレイの濃淡及び艶の出し方の違いにより模型を上から見た時、より立体的に見えるよう心がけました。色々な面で時間と手間暇を掛けて仕上げられています。

スノウプロウ取付足に手歯止め受けが設置されています。

ATS Pアンテナ。

グレイ塗色では作り込まれた床下の配管等が非常に良く目立ちます。

スカート、スノウプロウ、台車エンドビーム部とスキなく作り込まれたディテール表現。




大宮工場広島更新色のJR貨物EF65 1127号機。最近全検出場、塗色はこのままでGPSアンテナは取り外されています。2127のナンバー文字は真鍮色からステンレス色へ変更されました。



パンタグラフはPS22Dタイプ。

2127号機の非公式側ランボード足には安全柵取付か金具がありません。

公式側には安全柵取付金具があります。この号機のみの特徴です。



スノウプロウの無い2127号機の場合スカート部ステップ裏側に手歯止め受けが取付られています。
側面ドア間、側面下部(スカイブルーのラインの下)が撤去されており段が付いています。これは広島工場における施工で2093、2127号機のみに見られる特徴です。

EF65再々生産プロジェクト乞うご期待下さい。